トップ

求人応募の際の大切な点

求人の基本の知識

インテリア

求人倍率と採用の実態

求人倍率とは求職者1人あたりに何件の仕事があるかという数値を示すもので、ニュースなどでもよく紹介されていますが、その倍率が1.0より高い場合は、仕事を探している人よりも人材を求めている企業の方が多いという事になります。パートタイムを含むかどうかによっても異なりますが、近年は0点台である年が多く、依然として厳しい状態が続いている事がうかがえます。新卒者の場合は学校で様々な取り組みを行い、企業側も若い力に注目している事からこの限りではありませんが、特に中高年の就職は専門職を除き難しい状況なので、アピールできる点を考える事が求人応募では大切です。

倍率のとらえ方について

求人への応募に際して、その倍率は誰しもが気になるところです。世間から注目を集める企業や職種は時代と共に変化しており、その憧れの職を求めようとする傾向は変わりません。また、不況の中にある場合は、募集人員の絞り込みがおこなわれることから、全ての企業に応募者が殺到することになります。それらの時代背景を考慮しつつ、応募にあたって大切なことは、採用側に自身の仕事にかける熱意を伝えていくことにあります。そして、これまでの経歴の中で、能力に一層磨きをかけておくことにより、求人倍率に左右されることのない就職活動をおこなうことができるようになります。

↑PAGE TOP

© Copyright 求人応募の際の大切な点. All rights reserved.